風俗の断わり方

TOP

会社で風俗への誘いってよくありますよね。気分がのらないときの上手な断わり方をお教えします。

即即も大好きなんですけど

今回の高級ソープも流れはいつもと同様で、濃厚ムレムレディープキッスから、手伝ってもらっての脱衣です。ソープ嬢も私から脱がせてあげます。お互いをペロペロベタベタしていると、女の子は、連チャンで私が3人目なのに湿ってきます。さらにおまんこをぐちゅぐちゅすると大変な状態に・・ローション仕込みではなくて本気の汁なのですが、こういうのが自在に出せるのがプロのテクニックなんでしょうね。私はこの時点でガマンができず、コンドームをを装着して挿入です。まずは好みの立ちバックから始めて次に対面座位で女の子の顔を見てちゅっちゅしながら精液どばばっと発射しました。気持ち良い発射でしたよ。女の子のおまんこもすごい締め付けでたっぷりの淫汁でぬめっとした感覚が心地よかったです。ここまでで30分なんですが、お風呂に入ってマットプレイからベッドプレイとなると時間が足りずでなにかを外さなくてはいけないんです。即即も大好きなんですけどこれが痛いところですね。


高級デリヘル【シャングリラ】

鶯谷の人妻風俗店が運営する業種はデリヘルしかない

山手線やJR京浜東北線が乗入れている鶯谷駅はちょっとした観光地があり、上野恩賜公園や高級住宅街がある上野桜木や東京藝術大学や寛永寺、東京国立博物館、国際子ども図書館、大名時計博物館、東京文化財研究所の最寄り駅となります。また駅周辺では墓地園や寺院が多く、かの有名な文豪のお墓もある事から文豪の著作した書籍を好きでお墓まで訪れる方もいらっしゃるようです。こういったことから山手線各駅の中でも鶯谷駅は少し特殊な駅であることがわかります。駅正面にそびえ立つラブホテルを見てしまうと鶯谷は風俗が多い駅なのかと思われがちですが、風俗店の店舗は一切なく客引きも街自体が厳しく禁止をしているので、治安が悪いところではないのです。そもそも鶯谷駅では店舗型の風俗店はまったくなく、これも鶯谷の街の決まりで厳しく決められているようです。ですが、鶯谷エリアは風俗で有名なのです。なぜなのかというと無店舗型であるデリヘル店が非常に多く駅周辺のラブホテルを利用出来るのでデリヘルを営む方からするとかなり立地条件は良いのです。また鶯谷のデリヘル店で多いのが人妻店で、逆にコンセプトを持たないデリヘル店は少ない印象です。なぜ鶯谷で人妻デリヘルが多いのかは理由はよくわかってはいませんが、考えられる理由としては鶯谷駅周辺では高級住宅街を始め、多くの住居スペースがあります。そこに住む人妻さんたちが小遣い稼ぎで働いているのかもしれません。また鶯谷は上野や日暮里にも近いのでその周辺の人妻や30代の女性が働きに来ているのかもしれません。また、鶯谷のように駅周辺で遊べるような場所がなければ若い女の子は集まりません。先にも申したように、鶯谷は街よりも住宅街のほうが大きいので年齢層も必然的に高い方が近くに住んでいるのでしょう。若い女の子達は駅周辺で遊べるような所で働く傾向がありますので、ビックターミナルと呼ばれる場所に集中しているため、鶯谷のデリヘル店は年齢層の高い女性が集まり人妻店が多くなってきたのではないでしょうか。また風俗業界をよく知る人であれば鶯谷の人妻デリヘル店はレベルが高い事を知っているはずです。人妻店と言えば今は何処にでもある、メインジャンルの一つとして数えられますが、鶯谷の人妻デリヘル店は他のエリアよりも完成度が高く、ハイレベルなサービスを提供しているので風俗業界でも一目置かれているエリアなのではないでしょうか。


鶯谷の人妻デリヘル【華恋人~カレント】

好みじゃないので気持ち良くなれませんでした

久しぶりにソープ店の方に通って遊んでみたんだけど、最後に利用した時にサービスを行った女性とは違い、ぽっちゃりな体格の人物が出てきたので悪い意味で驚かされることに。個人的にはぽっちゃり系の女の子って好きじゃありませんから、すぐ家に帰りたくなる衝動に駆られました。何もサービスを受けずにそのまま帰るのもお店側に失礼かと思い一応最低限の処理を体験したんだけど、どうもこちらの方も私好みじゃなかったので暇でしょうがなかったです。女の子の方はそれなりに一生懸命処理を続けている感じだったんだけど、快楽を得ることはなかったから平均以下のお店だと言えますね。やっぱり自分好みじゃない女性に奉仕なんてされても嬉しくなれないから、こちらのお店に通ったのはミスだったと断言出来ます。女の子の方には少し申し訳ないけどここのお店に行くのは今回で最後にするようにし、別の風俗に通ってみるつもりでいるんです。お金を支払っているんだからやっぱり楽しい思いが出来なきゃって思うと、尚更そう考えてしまいますよ。


東京・池袋のイメクラ風俗店!制服ホテヘル【マリア女学館】